昔は海が現在のサンタルチア通りまで迫っていました。現在、サンタルチア通りは海岸沿いのホテル・ミラマーレのある、ナザリオ・サウロ通りに平行して走っています。
ナザリオ・サウロ通りはナポリ海岸沿いにパルテノペ通り、カラッチョーロ通りと名前を変えながら、メルジェリーナ港まで続いています。この通りは19世紀中旬から、20世紀始めにかけて建設されました。

ホテル・ミラマーレは、1941年に「パトリツィアの邸宅」として生まれました。戦後の1944年に一時アメリカ領事軍館として使用されたのち、ホテルに改装されました。
戦災後の当時、唯一機能するホテルでした。そのため、ホテル・ミラマーレの開店はホテル主催の様々なイベントと共に各誌で報じられ、ナポリ復興のシンボルとなりました。

ホテル・ミラマーレはレストラン、ピアノバー「シェンカークラブ」でも有名でした。1947年に開店し、1980年代の半ばに閉店しましたが、当時の著名人、高官、企業人が集まることで知られていました。この客人達は、気候の良い時期になるとヨットでやってきて、ホテル・ミラマーレの正面であるサウロ通り界隈の停泊所に停めて、ホテルに赴いたのでした。